サービス内容画像

ドアクローザー、
フロアヒンジの故障も
交換や調整で対応します。
即日可能な場合も!
サービス内容の画像

鍵屋カギ丸のロゴ 迅速対応・安心会計の鍵屋です。
ドアクローザー・フロアヒンジ

ドアクローザーの
交換・調節も!

ドアクローザーとは

扉の上についている横長の箱からアームと言われる金属の棒2本でサッシ枠とつながる建具になります。

油圧により
ドアをゆっくり閉める、
ちゃんとドアを閉めていなくてもちょっと時間を置いて閉まる、
大きく開けた際に風などではドアが動かないように固定する仕組みがあります。

ドアクローザ、ドアチェッカー、ドアストッパーなど商品なども含めいろいろな名前で呼ばれています。

油圧式のため、温度差・経年劣化などの理由から油漏れなどの故障が起こります。
ドアの締まり具合の調整だけであればドライバーなどで可能な場合があります。

ドアの上部の部品から油のような液体が垂れる
ドアクローザーから、以前はしなかった音がする
ドアの開け締めの際の力の加減が変わってしまった
ドアの開閉時に不具合がありましたら

フロアヒンジの
交換も対応可能

フロアヒンジとは?

店舗などの扉によく使われる地面部分のドアとの接続部品になります。ドアの重さを支え閉める際には適切なスピードでドアが動くことになります。大きく開けた際にも定位置で止めることができる機能のフロアヒンジもあり、店舗や商業施設の多く使われています。

地面の下には箱が埋めてあり普段は気にすることもありませんがドアが勢いよく閉まることを防いでいたり指を挟むなどの事故なども防ぐことになります。

どうしても室内でも埃や砂などの影響を受けやすく屋外であれば雨水の影響も受けることになり経年劣化によって異音や開閉時の不具合が起きることになります。

ドアの動きが重くなった・力が必要になった
ドアが軽くなりすぎてしまった
締まり切る際もゆっくりにならなくなった
ドアを開けっ放しにした際に
停止していたのが止まらなくなってしまった

ドアクローザ、
様々なメーカーに対応!

リョービ
車の部品の技術で培ってきたダイカストの技術を使ったメーカーになります。ドアマンなどの汎用性に優れたドアクローザーがあります。

ニュースター
日本ドアーチェック製造株式会社さんのドアクローザーです。日本で初めてドアクローザーを製造したメーカーで、専門の技術とノウハウがあります。

ニッカナ
2009年2月に会社が無くなっていて同じ部品での交換はまずできません。他社のメーカーでほとんどのものが交換が可能です。

ミワ
鍵のシリンダーのメーカーになり、ドアクローザでも多くの場所で使われています。(2021年3月にはドアクローザーの製造が中止されるそうです。)

リクシル
トステム・INAX・新日軽・サンウェーブ・TOEXが統合した建具などのメーカーになります。TOSTEMのメーカーにドアクローザーと取扱があります。

YKK
建具のメーカーとして有名です。さまざまな窓や玄関などさまざまな部品の取扱があります。

TOSTEM
リクシルに統合前の建具にはトステムの記載があります。ドアクローザーにもラベルなどでメーカーの記載があることがあります。

a

    対応メーカーの一部
鍵のことならカギ丸にお電話を0120-694-692